Apple Pay のすばらしさ!

Apple Pay のすばらしさ!

Apple Pay とは、Apple 社の提供するモバイル決済サービスです。

2014年から使用され、iPhone 6 以降のiPhone にはすべてNFC (Near-field communication) 機能が付いているので、iPhone をクレジットカード端末にかざすだけで決済ができることが出来ます。Apple Watch にもこの機能が付いているので、Apple Watch がiPhone とリンクされている場合はWatch をかざすだけでの決済も可能です。

このように簡単に決済ができてしまう場合、セキュリティー面が気になる方が多いかと思いますが、Apple では”tokenization” (トーケンナイゼイション)という作業を行いカード情報がそのまま送られるのではなく、一度、Apple だけが分かる用に決済情報を暗号化するので、途中で問題があったり、情報が漏れてもApple 社にしか分からないようになっております。Apple は既に存在するNFC 機能を有効に使い、財布を持ち歩かなくても買い物が楽にできる日常を目指しているのです。

今はまだ開発中ですが、いずれはNFC 機能がなくてもQR コードを電話でスキャンすると決済ができるようにする予定だそうです。2019年の集計ではApple Pay での決済が、以前1位を抑えてたスターバックスのアプリを抜くほど使用され、2025年にはクレジットカード決済の10%はApple pay でされると予測されています。

Apple Pay の設定はiPhone のWallet アプリからできます。Wallet のアプリ上にクレジットカードやデビットカードの情報を登録し、買い物をしたいときにすぐにアクセス出来るようにするアプリです。また、Wallet のアプリに登録されたカード情報がNFC 機能のクレジットカード端末とコミュニケーションを取り、決済が可能になるのです。

また、2019の8月からApple Card といい、Apple、Goldman Sachs、MasterCard のパートナーシップでクレジットカードが発行できるようになりました。こちらは銀行で開けるクレジットカードと変わりませんが、決済の情報などがリアルタイムでWallet のアプリで確認が取れます。今まではChase やBank of America のカード番号だけ登録していたWallet と違って、Apple Card ですと、細かい決済履歴などが一か所で確認できるようになったのです。

Apple の世界で完結される決済方法、便利か怖いかの判断はお任せいたします。